« 6月と7月の気になる本 | トップページ | 気になる本の刊行予定追加とサタデープログラムでふるさと怪談 »

2011年6月 8日 (水)

文学フリマ新刊

「第十二回文学フリマ」2011年 6月12日(日)開催!

「第十二回文学フリマ」 開催概要
開催日 2011年 6月12日(日)
開催時間 11:00~17:00
会場 大田区産業プラザPiO 大展示ホール・小展示ホール
アクセス 会場アクセスをご覧下さい
地図 kamatamap.gif
一般参加方法 入場無料・どなたでもご来場いただけます
(サークルカタログ無料配布、なくなり次第終了)

僕のブースはI-17「闇擽(あんらく)」です。

創作仲間の本田モカさん(I-18「CAFE-MOCA」)と合同ブースにさせていただきました。

新刊は競作掌編集です。総勢15名参加100頁とヴォリューム満点です。

タイトル:「シンクロニクル 壱號 過春に薫る、風の便り」

内容は

タカスギシンタロ 「ラジオ・バルスーク」

五十嵐彪太    「花守の色」

秋山真琴     「過春に薫る、風の便り」

柴田友美     「夜君とテレビ君」

本田モカ     「春の風に舞う」

永子       「はるの庭」

添田健一     「菜の花たちの長い眠り」

武田若千     「谷中怪談」

加楽幽明     「花実と零れる言の葉は」

伊藤鳥子     「桜の花が咲き始める季節に」

青山藍明     「嫩葉」

蒼ノ下雷太郎   「四月に見た柱」

松本楽志     「十二匹の小さな話」

高橋百三     「ともにある」

立花腑楽     「雨を呼ぶもの」

武田若千     「雨の予感」

(掲載順)

になります。

頒布価格は500円です。

既刊も二冊あります。

併せてよろしくお願いします。

 個人誌「錯乱せし群青」 400円

  繚乱せし群青

  幸福の天使が微笑む場所 
  漂泊の聲
  愛の渇き 
  早春を告げる
  ひ、と、し、ずく
  這い廻る蝶々

 競作集「シンクロニクル零號 夜に浮かぶ、夜に沈む」 300円

   蒼ノ下雷太郎「既望の月」
   根多加良「鳥の骨」
   加楽幽明「夜と朝のあわいには」

時間があれば次の記事から内容も紹介していきます。

興味のある方が是非注目してくださいませ。

  •    

  • « 6月と7月の気になる本 | トップページ | 気になる本の刊行予定追加とサタデープログラムでふるさと怪談 »

    コメント

    はじめまして、文学フリマのリンクから参りました、まつぐといいます
    文学フリマに初めて行く予定なのですがサークル紹介の怪談の二文字に引き寄せられて、当日是非お邪魔したく思います(・∀・)
    WEB幽などにも投稿されているのですね(わたしも投稿しています)新刊は怪談方面なのでしょうか?

    >まつぐ様

    こんばんは、幽明です。
    コメントありがとうございます。

    今回の新刊は投稿怪談やbk1怪談大賞に
    参加している方が多数みえるので
    怪談好きの方にも楽しんでいただける一冊になったかと思います。

    直接「恐怖」をメインに据えた物語は少ないですが、
    「奇妙なテイスト」であったり、「あわい」や「余韻」を楽しんでいただける
    作品が多く収録されております。
    参加者の方は掌編を中心に活動されている方ばかりなので、
    短くても内容のぎゅっと詰まった物語になっております。

    あと個人誌は投稿怪談掲載作や週刊てのひら怪談没作の
    リライト作品を載せたりしております。

    当日はまつぐ様とお逢いできるの楽しみにしております。

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094397/40316456

    この記事へのトラックバック一覧です: 文学フリマ新刊:

    « 6月と7月の気になる本 | トップページ | 気になる本の刊行予定追加とサタデープログラムでふるさと怪談 »

    2013年12月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        

    Twitter

    最近のトラックバック

    無料ブログはココログ