« ふるさと怪談 京田辺 第一部 | トップページ | 文フリお友達のサークル »

2012年5月 3日 (木)

5/6 第十四回文学フリマ頒布内容

お久しぶりです。

幽明です。

第十四回文学フリマに参加します。

スペースはイ-23です。

新刊は競作掌編集『シンクロニクル 弐號』です。

以下詳細になります。

タイトル『シンクロニクル 弐號 白雪に灯す、夢の断章』
冬をモチーフにしたちいさな物語集
頁数 92
価格 600円

 目次
雪守の火                 五十嵐彪太
マフラー博物館              タカスギシンタロ
冬をひとつ越す話             たなかなつみ
あかいゆき幻譚              本田モカ
透明な森                 葉原あきよ
春とともに                高橋百三 
転生                   ミズタニカエコ
クロノス                 松岡永子
ゆきの魔法                加楽幽明
氷の魔女と氷像売りの話          白縫いさや
仏師                   武田若千
冬の猛禽                 添田健一
泡だて器からこぼれるブーツ        柴田友美
後輩書記とセンパイ会計、逆夢の悪鬼に挑む 青砥十
コールドスタンバイ            立花腑楽
君齧る                  根多加良
十二宮の小さな話             松本楽志
ただそれだけのお話            峯岸可弥
早春賦                  松岡永子
(敬称略)

他には

 加楽幽明個人誌『錯乱せし、群青』 400円

 競作集『シンクロニクル零號 夜に浮かぶ、夜に沈む』 300円

  参加者:加楽幽明,蒼ノ下雷太郎,根多加良

 競作集『シンクロニクル壱號 過春に薫る、風の便り』 500円

  参加者:加楽幽明,青山藍明,秋山真琴,蒼ノ下雷太郎,五十嵐彪太,伊藤鳥子

       柴田友美,添田健一,タカスギシンタロ,高橋百三,武田若千,立花腑楽

       本田モカ,松本楽志,永子

を持参する予定です。

更に今回は

お隣のイー24 関西魂(かにたま)さんの同人誌にも

「僕と好美と商店街」っていう15枚ほどの作品を載せてもらいました。

関西とバトルがテーマだったのでコテコテをイメージしたジュブナイルな作品になりました。

こちらは200頁で500円とボリューム満点です。

そしてイー31 超短編マッチ箱でも

架空の町『ひかり町』を舞台にした『ひかり町ガイドブック』に

超短編のふうせん横丁の話とひかりの美術館の話が掲載されます。

こちらはちょっと不気味なお話です。

こちらも参加者が多くて読み応え抜群な内容になってます。

お立ち寄りいただけるのを楽しみにしております!

« ふるさと怪談 京田辺 第一部 | トップページ | 文フリお友達のサークル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094397/45113572

この記事へのトラックバック一覧です: 5/6 第十四回文学フリマ頒布内容:

« ふるさと怪談 京田辺 第一部 | トップページ | 文フリお友達のサークル »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ